土地を購入する費用

諸費用がかかるので注意しておこう

注文住宅を建築するときには土地が必要です。自分で用意をする場合は、不動産屋に行き物件を確認しましょう。基本的に土地を購入した場合は消費税が発生するので本体価格よりも高くなってしまいます。家の建築費用も考慮して総合計でコストを確認しないと予算が足りなくなってしまうので注意です。消費税ですが土地の本体金額に8%が上乗せされます。税率が関係するので税率が改変されると料金が変化するのが特徴です。
他にも諸費用がいくつかかかるのが特徴、例えば不動産では仲介手数料がかかります。ローンを使うときには金利にも注目しておきましょう。登記費用もかかるので司法書士の報酬も考慮しておきます。以上を理解して土地を選定するといいです。

地盤調査をするときには状況により追加料金がかかる

地盤調査はその土地が安全かどうか確認をするために行います。住宅やビルを建築するときには予め行う作業で物件の強度に影響するのが特徴です。長く住宅を安全に使うには地震対策を行わないといけません。その1つが地盤調査です。また地盤沈下のリスクを防ぐためにも行う必要があるといえるでしょう。
用意されている調査方法はスウェーデン式のサウンディング試験とボーリング調査です。また表面波探査法があるのですが、どれを選択するかにより費用は変化します。サウンディング試験が10万円くらいでボーリング調査はやや高めの20万円ほどです。調査後に地盤に問題があったときには地盤改良工事を行うのですが、これも調査とは別の料金がかかります。

© Copyright Can Order Right Now. All Rights Reserved.