かかる費用の借り方

親族から資金をもらう

注文住宅は設計によってコストが大きく変わりますが、大きな買い物になる事実は変わりません。ほとんどの人は住宅ローンを組んで購入費用を工面することになります。住宅ローンによる借入額をなるべく減らしたい場合、自己資金を増やしてから購入を考えるのがひとつの方法ですが、それでは時間がかかってしまいます。もうひとつの方法として、親族に購入資金を援助してもらうのもよいでしょう。親や祖父母から経済的援助を得るのはよくあることです。まとまった金額をもらうと贈与税がかかりますが、住宅取得を目的としたお金の場合は一定金額まで贈与税がかからないしくみがあるので、積極的に利用しましょう。非課税になる金額の限度は、購入契約を結んだ時期などの条件で変わります。

資金確保の基本は住宅ローン

注文住宅の購入資金を用意するには、金融機関で申し込んで住宅ローンを組むのが基本です。借りられる金額は購入予定者の収入や資産によって異なります。多くの場合、長期の返済が必要になるので無理のない金額を借りるようにしましょう。住宅ローンには金利の設定があり、固定型と変動型の2つのタイプが基本です。金利は社会情勢などにより変動しますが、固定型で借りればローン契約をした時点の金利が返済完了まで続きます。変動型は定期的に金利が見直され、返済額が変化します。どちらのタイプで借りるか判断が難しいですが、契約時や近い将来の社会情勢をふまえて決定しましょう。配偶者がいる場合、夫婦それぞれがローンを組む選択肢もあります。金融機関で相談して適切なローンを選んでください。

一生の住まいとする家は、それぞれに理想のがあります。そんな家が予め建売住宅であったら、手間がかなり省けます。立地条件が自分に合ったものなら、見学だけでも行く価値ありです。

© Copyright Can Order Right Now. All Rights Reserved.