かかる費用の頭金捻出

頭金と手付金とは少し違う

注文住宅を建てる場合には、どれくらい頭金がかかるのか、諸経費にどれくらいかかるのかを計算してください。
事前に業者に相談することで、ある程度の費用について理解できるでしょう。一般的に頭金とは、自己資金から諸経費(家具や引越し、借り住まいの費用)を差し引いた金額を指します。
住宅ローンを使う場合、手付金を含めてトータルで頭金を捻出することが必要となるため、参考にしてください。手付金の相場としては建てる家の1割といわれています。ただし、100万円程度を相場と考えている地域もあるため、どの程度が相場となるのかは、地域や建築業者ごとの基準によるでしょう。家を建てる前に手付金についてある程度建築業者に確認しておくと、トラブルになりにくいといいます。

頭金の相場は2割から3割

地域によっても多少相場が異なるのは事実ですが、住宅ローンを組む場合の頭金として換算されるのは、家にかかるトータルの金額の2割から3割ほどです。3千万円の家を建てる場合、6百万円から9百万円程度を頭金として入れておくと、後のローンが負担となりにくいでしょう。ただし、諸経費を含めてトータルでの費用となる場合には、もう少し少ない金額となります。また、家の価格が低ければ低いほど頭金は少なくしても大丈夫といえるでしょう。 職種によって頭金なしで住宅ローンのみで注文住宅を建てることは可能ですが、頭金を入れておいたほうが住宅ローンに通りやすいです。また、返済額も少額となるため、頭金を多めに入れると早めに返済しやすいでしょう。

分譲住宅は、注文住宅に比べて最初から大まかなところはできている住宅です。ですから、注文住宅に比べて安く購入できます。土地も同時に購入する場合が多く、その土地の面積を上手に使って建築されています。

© Copyright Can Order Right Now. All Rights Reserved.