かかる費用の限度額

注文住宅の費用にはどんなものがあるの?

自分の好きなように間取りや建築材などを決めて建てることができる注文住宅ですが、どのくらいの費用がかかるのかわからずに踏み切れない人もいるでしょう。注文住宅を建てる際には、本体以外にもさまざまな費用がかかってしまうので、どんな費用がかかるのかをしっかりと把握する必要があります。
家づくりの総費用は、本体工事費以外に3つの諸費用で構成されています。本体にかかる費用は全体の70%~80%程度で、別途工事費に15~20%、その他の諸経費に5~10%程かかります。土地を購入する場合には、土地の取得に関する費用もかかってしまうんです。
工事をお願いする会社により、本体工事費以外の諸費用には違いが出てきてしまいます。予算をオーバーしないために、建築会社にしっかりと確認をとるようにしましょうね。

諸費用の内容と住宅ローンを利用する場合の自己資金は?

別途工事費として含まれるのは、電気やガスの工事に上下水道管の工事、地盤の補強、解体が必要な場合は解体工事費もかかります。建築会社により、付帯工事費と記載されていることもあり、各社で金額や項目、支払い方法などが異なります。
諸費用は工事に直接的な関係がないもので、手数料や保険料、税金に設計料などが含まれます。土地を取得した場合には、土地代だけでなく仲介料や登記費用がかかってしまいます。
住宅ローンを利用する際に、金融機関は年収や建築費用を考慮して融資限度額を提示します。一般的に自己資金の割合は20%~30%とされています。自己資金が多ければローンの借り入れを減らすことはできますが、ある程度の生活費も残さなければいけません。
注文住宅を建てたいと考えている人は、自己資金をどれだけ用意できるかがポイントとなってきます。自己資金と住宅ローンを上手く組み合わせて、無理のない計画を立てるようにしましょう。

新築一戸建てには注文住宅と分譲住宅がありますが、注文住宅では建物が完成するまでは住宅ローンが利用できずつなぎ融資を利用する必要があります。例外的に、建物完成前でも住宅ローンを借りられる銀行もあります。

© Copyright Can Order Right Now. All Rights Reserved.